店頭販売とレストラン業務の注意点

ワイン関係のアルバイトの仕事として多いのは、店頭販売の業務です。
この仕事ではショップやデパート、スーパーなどで試飲を配ったり、お客様にワインをすすめたりする業務を思い浮かべるかもしれませんが、それ以外にも、外から見えていない業務が色々とあります。
例えば、品出しは業務の多くの部分を占めるものです。
ここで問題なのは、瓶がとても重いことで、1本あたり約1キロあります。
それが1ケースとなると、12本入りの場合は12キロ程になりますから、持ち上げるのも一苦労で、それが木箱となると、箱自体も重いのでさらに重量が増します。
腰痛持ちの人は腰の痛みがぶり返してしまうかもしれないので注意が必要です。
しかし、一方で腹筋や腕の筋肉が鍛えられ、美ボディが手に入るので、これを機に体力をつけたい人にはおすすめです。
そして、その他に多いアルバイトの仕事の一つに、レストランでのサービスがあげられます。
レストランでの仕事では、お客様の目の前で栓を開け、グラスにワインを注ぐ実務を任されることがあります。
これは初めての人にはなかなか難しい仕事です。
お客様の前で、ぎこちなく作業すると、お客様を不安にさせてしまうかもしれないので、なるべく空き時間などを利用して練習を重ね、慣れた手つきでサービス出来るように心がけることをおすすめします。
また、出来ればお客様とワインについて少しは会話出来るように努力をしなければいけません。
お店で扱っている商品はもちろん、さまざまな知識を増やし、お客様に美味しいワインをおすすめできるようになりましょう。